2022年03月11日(金曜日)

震災とコロナ禍を踏まえ遠隔診療で置薬変更 高校生ビジネスプラングランプリ

江戸川学園取手高校の女子生徒3人がこのほど、災害の時などに自宅から動けなくてもオンライン診療で薬を自分の症状に合ったものに変えられる方法を発表しました。

これは、若い人の事業を起こす意識を高めようと、日本政策金融公庫が企画した「高校生ビジネスプラングランプリ」でおよそ3000点の応募作品の中から、上位100点に選ばれたものです。

江戸川学園取手高校の女子生徒3人が発表した「現代版お医者かばん」というプランは高齢者や遠隔地に住む人が医師によるオンライン診療をもとに症状に合わせた市販薬を入手できるというものです。