2022年03月01日(火曜日)

「ニュースなニューズ」  東日本大震災から11年企画 災害×外国人支援『コモンズ』

ニュースなニューズ。震災から11年。次なる災害にどのように備えるか。

地震などの大規模な災害が起きた際、命を守るために重要な避難や被害の情報ですが、言葉の問題で届きにくい人たちがいます。茨城県内におよそ7万人いる外国人たちです。この「言葉の壁」を乗り越えて災害時に外国人たちを支援した、茨城NPOセンターCOMMONSを紹介しました。災害に不慣れな外国人のために防災のための手引きを作成し、母国語でスタッフが対応しました。

2011年の東日本大震災や2015年に起きた常総水害では、迫りくる被害にどう対応したのでしょうか。外国人と地域住民との垣根を越える取り組みが続いています。