2022年01月12日(水曜日)

コロナ今年最多の127人 知事会見 対策ステージは1に据え置き

 

茨城県の大井川知事は、12日、新型コロナウイルスの一日当たりの新規感染者の数が今年最も多い127人にのぼり、感染拡大の第6波に入ったとする一方で、医療提供体制は確保できているとして、県民の行動制限や飲食店などの営業時間の短縮を要請する段階ではないとの考えを示しました。

これは、定例の記者会見で述べたものです。

また、大井川知事は、感染力の強いオミクロン株への置き換わりが去年の夏に蔓延したデルタ株の4倍から5倍の速さで進んでおり、感染や濃厚接触で隔離する人数が多くなると社会基盤を維持できなくなると指摘しました。

このため、消防や警察については、感染者や濃厚接触者になった場合、2週間とされる隔離期間を県独自の判断で短縮することについて国と調整していることを明らかにしました。