2022年01月05日(水曜日)

茨城県内の去年1年間の交通事故死者数 80人、前年より4人減少

去年1年間の茨城県内の交通事故による死者数は80人で、前の年より4人減少、昭和30年、1955年からの66年間で最も少なかったことが分かりました。

茨城県警によりますと、去年1年間の人身交通事故の発生件数はおよそ5900件で、前の年より118件減少していました。

しかし、飲酒運転による交通事故の死者数は10人で、前の年のおよそ2倍に増えています。

県警は新年会などで酒を飲む際は運転代行やタクシーを使うなど、飲酒運転をしないよう呼び掛けています。

また、冬場のこの時期は道路が凍結する可能性もあるため道路状況に注意してほしいと呼び掛けています。