2021年12月20日(月曜日)

龍ヶ崎市長選、新人の萩原勇氏が初当選

任期満了に伴う龍ケ崎市長選挙は19日投票が行われ、新人の萩原勇氏・46歳が現職ら2人を破って初めての当選を果たしました。

開票結果は次の通りです。
萩原勇 無所属・新 当選 1万5633票
中山一生 無所属・現 9178票
藤木妙子、無所属・新 2373票

萩原氏は参議院議員秘書や龍ケ崎市議会議員を経て、2009年から茨城県議会議員を務め、4期目の途中で立候補しました。

龍ケ崎市では、官製談合防止法違反で当時の副市長が逮捕される事件が起きていて、萩原氏は選挙戦で「バラバラの市政を立て直し、「民・官・学」が連携したスポーツ・健康・長寿の街を目指す」などと訴えました。初当選が決まった直後、萩原氏は「職員のやる気を回復し、市民の不安の払しょくに努める」などと述べました。

萩原氏の任期は来年1月18日からの4年間です。