2021年11月30日(火曜日)

不審者対応訓練 つくば市の保育園

 

つくば市の保育園で、不審者が侵入したことを想定した訓練が行われ、職員たちが対応を確認しました。

筑波記念病院付属アイビー保育園で行われた訓練は、保育園と県警などが行ったもので、保育園や県警、病院職員などおよそ30人が参加しました。

訓練は、突然保育園に刃物を持った不審者が侵入して刃物を向ける想定で行われました。

職員が非常通報装置で110番通報し、警察が到着するまでのあいだ、男女合わせて4人の職員が、園に備え付けの「さすまた」で外に移動するように促しました。

 

 

その後、かけつけた警察官が不審者の動きを止める流れを確認しました。

宮城県のこども園に男が刃物を持って侵入した事件を受け、子供たちを守れるよう、引き続き防犯に努めたいと話しました。

不審者から子どもたちの身を守るための共有に力を入れたいと語りました。