2021年10月29日(金曜日)

立憲・枝野代表が衆院選の応援でつくば市へ 自公の経済政策など批判

 

立憲民主党の枝野幸男代表は10月27日、激しい戦いとなっている衆議院選挙の茨城6区で、立憲民主党の候補を応

援するためつくば市を訪れ、自民党と公明党の連立政権のコロナ対策や経済政策を批判し、「所得を底上げし、消

費を増やすことが経済の立て直しに必要だ」と訴えました。

枝野代表は『規制緩和による競争で景気をよくするのは40年前の対策だ。今は、支えあい、分かち合うのが主流。

いまだに「まず成長」と言うのでは日本は取り残される』と与党の経済対策を批判しました。