2021年09月21日(火曜日)

パラ ブラインドサッカーの佐々木選手 牛久市長を表敬訪問

東京パラリンピック5人制ブラインドサッカーに出場した佐々木ロベルト泉選手が9月17日、地元の牛久市役所に

根本洋治市長を表敬訪問し、大会出場を報告しました。

佐々木選手は、ブラジル、サンパウロ出身の43歳、来日し、工場勤務をしていたころに失明、その後、筑波科学技

術大学に入学してブラインドサッカーを始めました。

正確なパスと1対1からの突破力が持ち味で、東京パラリンピックのブラインドサッカーに日本代表として初出場

し、5位入賞を果たしました。

根本市長は「最後まで懸命に全力を傾けてプレーする姿は、牛久市民に大きな感動を与えてくれました」と活躍を

たたえました。

すでに、3年後のパリオリンピック・パラリンピックを見据え、練習を再開しているということです。