2021年09月08日(水曜日)

イサム・ノグチのデザイン 遊具をまちなかに プレイスカルプチュア 水戸市M・SPOに

 

 

20世紀を代表する彫刻家、イサム・ノグチがデザインした遊具「プレイスカルプチュア」が水戸市南町3丁目の、

まちなか・スポーツ・にぎわい広場通称M・SPOに設置されました。

 「プレイスカルプチュア」は、幅と奥行き3メートル近く、高さ80センチほどの大きさの遊具で、アートに親し

んでほしいというイサム・ノグチの想いから、手軽に入手できる排水管で作られました。

市街地の活性化を図る「水戸ど真ん中再生プロジェクト」の一環で、茨城放送が購入し、茨城ロボッツグループが

設置しました。

 プレイスカルプチュアは先月まで、東京都美術館のイサム・ノグチの展覧会に出品されていました。

このほど水戸市のM・SPOに常設展示され、よじ登ったり、またがったりと、自由に遊ぶことができます。