2022年06月07日(火曜日)

茨城県 自殺防止「よりそい相談支援チーム」

茨城県が、コロナ禍で追い詰められ、自殺のリスクが高い人から相談を受けた場合、関係機関が情報を共有し、連携しながら組織的に伴走型の支援を行う「よりそい相談支援チーム」を設置したことがわかりました。

茨城県内では自殺とみられる119番通報は2019年度には815人でしたが、2020年度には881人報告されました。

自殺を防ぐため、心の悩みの電話相談に無料で応じる「いばらきこころのホットライン」には相談が相次いで寄せられ、茨城県では、SNSやオンラインも活用しながら相談に応じていますが、今後は心の悩みに寄り添って支援を行い、個別の課題解決を図っていく必要があると判断しました。