2022年04月07日(木曜日)

パリ五輪男子サッカーの大岩剛監督 関彰商事でドバイカップの優勝報告会

 

2024年パリオリンピックを目指すサッカー男子21才以下日本代表の大岩剛監督が、4月6日、スポーツアドバイザーを務めるつくば市の関彰商事で行われたドバイカップの優勝報告会に出席し、「強豪国と戦った貴重な経験をもとに今後に向けた準備をする」と抱負を述べました。

サッカー男子21才以下日本代表は3月、UAE・アラブ首長国連邦の首都、ドバイで行われた国際大会のドバイカップで、サウジアラビアなどを下して優勝しました。

大岩監督は「今回の優勝メンバーから今年11月に行われるワールドカップ・カタール大会に出場する選手が出てほしい。2年後のパリオリンピックへ向けて、国際大会を通じてチーム力を上げる。」と語りました。