2022年03月29日(火曜日)

立憲民主党県連定期大会 新代表に青山大人衆議院議員

 

 

立憲民主党茨城県連の新しい代表に青山大人衆議院議員43歳が就任しました。

これは3月26日水戸市内で開かれた県連の定期大会で決まったものです。

青山代表は就任の挨拶で、与野党が伯仲する緊張感のある政治を茨城県から進めるとしました。

青山代表以外の主な役員では、幹事長の小沼巧参議院議員が留任、政務調査会長に設楽詠美子県議会議員が就任しました。前の代表の郡司彰参議院議員は顧問に就任しました。