2022年03月24日(木曜日)

いばらき自民党…条例2件上程、即日可決

3月24日閉会した定例県議会では、いばらき自民党が提案した「犯罪被害者等支援条例」と「小規模企業等振興条例」の2つの条例案も可決成立しました。

このうち「犯罪被害者等支援条例」では、国の犯罪被害者等基本法を踏まえ、警察や茨城県などが2次被害の防止や平穏な生活の回復など被害者に寄り添うための必要な政策を講ずることを明記しました。

また、「小規模企業等振興条例」は、県内で9割を占める従業員5人以下の小規模企業を対象に県が、事業の承継や人材の発掘、資金の援助など支援体制の整備を進めることを明記しました。

議員提案された2つの条例案は即日採決で可決されました。条例は3月中に施行されます。