2022年03月23日(水曜日)

チームラボ 偕楽園 光の祭  4月3日まで延長 

 

 

梅の見ごろを迎えた日本三大名園のひとつ、水戸市の偕楽園の夜を最新の技術を活用して光のアート空間に変える「チームラボ 偕楽園 光の祭」。開催期間も4月3日まで延長され、連日、訪れた人の目を楽しませています。

「光の祭」はラッキーFM茨城放送が去年に続いて開いていて、偕楽園の景観そのものを活かし、人の動きに反応して変化する光のデジタルアートを楽しむことができます。100種類、3000本を誇る偕楽園の梅は現在ほぼ満開に近く、春の訪れを感じる日中の偕楽園と夜のライトアップした偕楽園、それぞれを楽しむことができます。

「チームラボ 偕楽園 光の祭」は有料で、チケットはインターネットの特設サイトなどで販売しています。