2022年03月22日(火曜日)

茨城県医師会の鈴木会長「まん防」解除問題なし

新型コロナウイルスに関する政府のまん延等重点措置が茨城県内で解除されたことについて茨城県医師会の鈴木邦彦会長は、入院病床がひっ迫していないので問題はないとの認識を示しました。

これは、3月22日開いた定例の記者会見で述べたものです。

また、鈴木会長は、第6波収束への出口について、1日あたりの新規感染者数1000人以下が続くことが前提などと述べました。

鈴木会長は、第6波収束へ向けて3回目のワクチン接種をすることと、感染防止対策を引き続き行うことを県民に求めました。