2022年03月17日(木曜日)

3月16日深夜の地震…茨城県内の被害まとめ

茨城県防災・危機管理課が17日午前9時現在でまとめた資料によりますと、茨城県内では、震度5弱を観測したのが東海村や北茨城市など15の市町村、震度4がつくば市や古河市など28の市町村でした。

被害の状況は常陸大宮市で92才の女性が転倒して中程度のケガをしたほか、パニックで発作を起こした石岡市の53才の女性と自宅で転倒した筑西市の78才の女性が軽い怪我をしました。

東海第二原子力発電所を含めた茨城県内17の原子力関連施設からは異常があったという報告はありませんでした。ライフライン関係では、停電が多い時で22万5000戸発生しました。常磐自動車道が水戸から北の区間で一時通行止めとなり、鉄道ではJR常磐線など5つの路線で運休や遅れが出ました。

避難所は、土浦市内に、一時、27か所開設されましたが、避難した人はいませんでした。災害対策本部は、福島県に隣接する北茨城市や土浦市と日立市に設置され、ひとつ下の段階である警戒本部も22の市と町で設置されました。