2022年03月11日(金曜日)

震災発生から11年 北茨城市では慰霊の式典、黙とう

東日本大震災の発生から11年となった11日、地震と津波などで11人が犠牲になった北茨城市では地震の発生時刻にあわせてサイレンが流れ、黙とうする市民の姿がありました。

 

 

大津漁港に近い海抜11メートルの五浦岬公園では豊田稔市長ら関係者およそ60人が慰霊塔の前で海に向かって手を合わせました。豊田市長は挨拶で、震災の風化を防ぐには若い職員の力が必要と呼びかけました。豊田市長は「住民の安全安心のためにも海岸線で茨城県が工事を進めている高さ2・3メートルの防潮堤の完成が待たれる」と話しました。

 

 

一方、大津漁港では、正午ごろ、行方不明の仲間を供養する人の姿がありました。

県水産振興課によりますと、大津漁港周辺で行われている防潮堤の工事は完成が今年の秋になるということです。