2022年02月22日(火曜日)

eスポーツの体験もできる拠点が誕生 水戸

JR水戸駅北口に、eスポーツの体験ができる複合IT拠点施設「AREA310」が2月22日、オープンしました。

4年前に「丸井水戸店」が閉店して以降、空スペースが多いマイムビルの中に作られ、中心市街地のにぎわいの再生に向けて水戸市のIT企業「アプリシエイト」が整備しました。コンピューターのゲームで試合をする「eスポーツ」やネットを通じて商品をp売買する電子商取引「イーコマース」の動画撮影ブースを整備しました。eスポーツエリアには、カーレースゲーム用の4席と大画面モニターを備えました。サッカーJ2水戸ホーリーホックの グッズの販売店も併設されました。   

アプリシエイトはオープンに合わせて「eスポーツ」のプロスポーツチーム「AREA310」も発足させました。