2022年01月24日(月曜日)

困窮する人々支援 いばらきコープ 県社協と県共同募金会に寄付

新型コロナウイルスの影響で生活に困窮する人々らを支援しようと、いばらきコープが今年も茨城県社会福祉協議会と茨城県共同募金会に1千万円づつ、寄付金を贈りました。

水戸市の県総合福祉会館で開かれた贈呈式では、いばらきコープの鶴長義二理事長から県社会福祉協議会の森戸久雄会長と茨城県共同募金会の岩上堯会長にそれぞれ、寄付金1千万円の目録が手渡されました。

茨城県社会福祉協議会では、生活に困った人が当面の生活費を無利子で借りられる「生活福祉資金貸付制度」に基づく貸付とは別に支給して、食品購入などに充ててもらう考えです。

また、赤い羽根共同募金では、子供たちへの新入学支援や災害時の被災者支援などに向けた支援金を助成していて、今回の寄付も支援に充てたいとしています。

茨城県社会福祉協議会と、茨城県共同募金会では今後も、生活の困窮で支援を求める人々が増え続けると想定していて、支援が大きな力になると見ています。

一方、いばらきコープは学生に向けた食の支援や生理の困窮に対する支援などさまざまな団体のコロナ対策への支援を続けています。