2022年01月18日(火曜日)

龍ケ崎市の萩原勇・新市長が初登庁

 

12月行われた龍ヶ崎市長選挙で、初当選した萩原勇市長46才が1月18日、市役所に初登庁しました。

萩原市長は地元・龍ケ崎市の出身で、国会議員の秘書や県議会議員などを経て12月の市長選挙で官製談合事件に揺れた市政の刷新を訴えて現職ら2人を破って初当選しました。

18日午前10時ごろ、市役所の玄関で支持者や職員などおよそ100人の出迎えを受けました。そして、課長以上の幹部職員50人に向けた訓示では、職員のやる気回復へ決意を示しました。

政策上の課題では、龍ケ崎市を含めた5つの市と1つの町を巡る1周20キロのサイクリングロードを整備する考えを示しました。また、地盤が不安定などの理由で計画が止まっている牛久沼周辺の「道の駅」構想は、来年の春までに結論を出す考えを示しました。