2022年01月13日(木曜日)

今夏の独自フェス 茨城放送の堀オーナー 「茨城のフェス文化の灯を消したくない」

国内最大級の野外音楽イベント《ロック・イン・ジャパン・フェスティバル》が会場を国営ひたち海浜公園から千葉市のスポーツ公園に変更したことを受け、茨城放送は独自の音楽イベントを開催する考えを発表しましたが、取締役オーナーの堀義人氏は12日改めて「茨城での独自フェスを何としても成功させたい」とその思いを熱く語りました。

堀氏によりますと、ロック・イン・ジャパンの会場変更を受けて独自の音楽イベントを企画することにしたのは県民の落胆や茨城のフェス文化の喪失、経済的損失を考慮すると地元放送局として黙って何もしないのではなく、独自のイベントを立ち上げるしかないと考えたということです。   

現時点では、開催場所や時期は決まっていませんが、堀氏は「茨城のフェス文化を消すな!」を合言葉に5年間はやりきる覚悟で準備を進めていると話します。

そして、ロック・イン・ジャパンが茨城に戻ってくることを信じて、それまで茨城のフェス文化の灯を消さずに頑張り続けたいと熱い思いを語りました。