2022年01月06日(木曜日)

水戸の梅大使が大井川知事を表敬訪問 水戸の梅まつりをPR

 

今年の水戸の梅大使が1月6日、茨城県庁に大井川知事を表敬訪問し、2月中旬から水戸市の偕楽園と弘道館で始まる水戸の梅まつりをPRしました。

水戸の梅まつり、今年は偕楽園の開園180年を記念して開かれます。

去年は新型コロナの影響でおよそ8万人の集客でしたが、コロナ前は例年50万人を超える人々が訪れていました。

大井川知事は梅大使の皆さんに「1年間頑張ってください、期待しています」などと声をかけていました。

偕楽園開園180年記念第126回水戸の梅まつりは、2月11日から3月21日まで水戸市の偕楽園と弘道館で開かれます。

期間中は花火大会や梅酒祭り、そして、去年大きな話題となった偕楽園の夜を様々に変化する光のアート空間に変える「チームラボ偕楽園光の祭」などのイベントが企画されています。