2022年01月04日(火曜日)

パリ五輪…サッカー男子の大岩剛監督 セキショウの仕事始めの会で抱負

 

2年後のパリオリンピックで、サッカー男子の日本代表監督に12月に就任した大岩剛氏が、スポーツアドバイザーをつとめる「関彰商事」の仕事始めの会に出席し、「強く、結束力のあるチームを作る」などと抱負を述べました。

大岩氏は静岡県出身の49才、筑波大学を経てプロサッカー・Jリーグの選手となり、現役時代は日本代表にも選ばれるなどディフェンダーとして活躍しました。

鹿島アントラーズでは選手や監督を務めました。

アントラーズの監督を退任した後の2020年4月から「関彰グループ」でスポーツアドバイザーを務めています。

2024年パリオリンピックの前にアジア予選が重要などと引き締まった表情で話ました。