2022年01月04日(火曜日)

「ニュースなニューズ 」地域の活力応援し隊 サウナで民泊 高萩

 

「ニュースなニューズ」。地域の活力応援し隊。

高萩市の地域おこし協力隊が開業を目指していたサウナ施設が、2021年10月にお目見えしました。下君田地区で空き家となっていた古民家の蔵を改装したサウナで体を温め、近くの大北川の水流で冷やすことができます。 

空き家を活用した民泊事業の展開を目指す協力隊の山形実和さん、岸風花さんが民宿の目玉の一つにしようと、築80年の民家の敷地にある蔵をサウナに改装しました。

民宿は、来年夏の開業を目指していて、サウナや民宿を含む一連の施設は「コアミガメ」と名付けました。

近年、サウナを題材にしたテレビドラマが放映されるなど、サウナがブームとなっています。

サウナと水風呂、休憩を繰り返して心身がほぐれる「整う」状態を求め、既に年内の土日は予約が埋まっています。