2021年12月28日(火曜日)

国民民主・県連…参院選などの候補者を公募

国民民主党茨城県連は来年夏の参議院議員選挙で立候補の希望がある人を

公募することになりました。

これは二川英俊幹事長がこのほど、明らかにしたものです。

改選議席が2の参議院茨城県選挙区では立憲民主党の現職・郡司彰氏72才が今期限りでの引退を表明しており、その後継選びが焦点になっています。

国民民主党茨城県連の二川幹事長によりますと、2議席以上の定数がある選挙区では独自候補の擁立が基本ですが、

一部の党と共闘する可能性を残しているということです。

そして、来年の参院選では立候補を希望する人材を公募するということです。

二川幹事長は「候補者調整ありきではないが、それが必要な場面があるかもしれない。」と話しています。