2021年12月23日(木曜日)

茨城県、オミクロン株感染拡大備え 病床拡充へ

茨城県は、新しい変異ウイルス「オミクロン株」への対応について、感染が急激に拡大した「第5波」の教訓から、

宿泊療養施設や病床の拡充で、医療提供体制の強化を進めることにしています。

「オミクロン株」の確認で、予断を許さない状況での年の瀬を迎える中、茨城県の大井川知事は、12月23日開いた定例記者会見で、強い危機感があるとなどしました。

大井川知事は、宿泊療養施設の部屋数や病床を拡充する準備を進める考えを示しました。