2021年12月20日(月曜日)

自民党茨城県連、茨城選挙区に加藤明良県議を擁立 来夏の参院選

 

自民党茨城県連は20日、来年夏の参院選茨城選挙区に擁立する候補者について、水戸市・城里町選挙区選出の茨城県議会議員、加藤明良氏・53歳に決定したと発表しました。自民党県連は今期限りでの引退を表明している岡田広氏・74歳に代わる候補者を一般公募で行い、加藤氏など男女3人を書類と面接で審査し、加藤氏を参院選茨城選挙区の候補者に決めました。候補者に決まった加藤氏は水戸市に住む53歳、参議院議員の秘書などを経て、2010年から茨城県議会議員を3期務めています。西条昌良幹事長は選ばれなかった女性2人について「国政を担える女性の人材だ」と述べました。定数2の茨城選挙区で、自民党茨城県連は1人を擁立しますが、政治状況によっては2人擁立することも「排除しない」と述べました。