2021年12月18日(土曜日)

立憲民主党県連、参院茨城選挙区の候補者公募へ

来年夏の参議院選挙に向け、立憲民主党茨城県連は茨城選挙区に擁立する立候補予定者を公募で選ぶことになりました。

12月17日夕方の常任幹事会で全会一致で決まったもので、小沼巧幹事長がリモートで説明しました。

次の参議院選挙をめぐって、立憲民主党では、現職の郡司彰氏・72才が引退を表明しています。

立憲民主党の公募は、12月20日からおおむね1か月間で行われ、立憲民主党の政策に賛同していることなどが条件です。党員やサポーターなど党に近い人に限定しません。元議員など、政治経験がある人にも開かれた公募であるとしています。選考日程は未定ですが、他党との候補者調整の可能性も残されているということです。