2021年12月06日(月曜日)

那珂川河口で小型船座礁 5人自力で脱出 2人怪我

12月6日昼過ぎ、大洗町の那珂川の河口付近で小型の釣り船が座礁し、乗っていた二人が怪我をしました。

船には船長を含めて5人が乗っていましたが、全員が自力で上陸し、ケガをした2人も命に別状はないということです。

茨城海上保安部によりますと、座礁したのは全長8.7メートルの釣り船、第六福由丸2トンで、6日午後1時前、船長から「那珂川の河口で座礁した。救助願う。」などと海上保安部に緊急通報がありました。

船には船長以下男性5人が乗っていて、全員が岸壁にある消波ブロックなどを伝って自力で上陸しました。

5人は病院に運ばれ、このうち2人は肩の脱臼や骨折が疑われるということです。

6日の茨城県沖は高波やうねりがあり、波浪注意報が出ていました。

茨城海上保安部で事故の詳しいいきさつや原因などを調べています。