2021年11月22日(月曜日)

茨城県 新総合計画に幸福度の「数値」指標

茨城県は県政運営の指針となる新たな茨城県総合計画の策定で、個人の幸福と関係する県政の充実度を「数値」で表す指標づくりを進めています。

今年度末で終了する茨城県の現在の総合計画では、企業の誘致や1人当たりの県民所得の向上、もうかる農業に向けた農地の集約化、医師の確保、中高一貫校の設置などを進めてきました。

新たな計画では、こうした施策の基になった「豊かさ」「安心安全」「人財育成」「夢・希望」の4つの項目を進化させるとしています。

そして、業績を評価する主要な指標の  見直しも進めていますが、「活力があり、県民が日本一幸せな県」のうち、「日本一県民が幸せな県」の充実度を数値で表すことで、県民に具体的な進捗度が伝わりやすいようにします。

新たな総合計画は、来年3月の策定を目指し作業が進められています。