2021年11月18日(木曜日)

龍ヶ崎市長選挙 中山市長 4選出馬表明

 

任期満了に伴う来月の龍ヶ崎市長選挙に、現職の中山一生市長が4選を目指して立候補する意向を11月18日、表明しました。

この春に発覚した官製談合防止法違反事件を念頭に決意を述べました。そして、事件の再発防止の徹底などを推進したいと強調しました。さらに、今回の事件は「官製談合ではなく、一部の職員が引き起こした事件だった」として、疑念も払しょくしたいと述べました。

中山市長は、父で防衛庁長官を務めた故・中山利生氏の政策担当秘書や県議会議員などを経て、2009年の市長選で初当選し、現在3期目です。

龍ヶ崎市長選挙をめぐっては、他に2人の新人が出馬を表明しています。

龍ヶ崎市長選は12月12日に告示され19日に投票が行われます。