2021年11月17日(水曜日)

「ニュースなニューズ」 地域の活力応援し隊 体験型発信 鹿嶋

ニュースなニューズ、 地域の活力応援し隊。

今回は、鹿嶋市の体験型観光の発信について、ご紹介します。

企画しているのは、鹿嶋市の地域おこし協力隊員、大沢智枝さん・44歳です。

この春、地域おこし協力隊員に就任し、鹿島神宮など、鹿嶋市内の体験型観光の需要を掘り起こすため、JR東日本が実施する「秋のいばらき よいとこツアー」の日帰りツアーで定番の鹿島神宮の参拝に加え、茨城県栽培漁業センターでのヒラメの餌付け、潮来市のろ舟など、体験をふんだんに盛り込んだ企画を立案しました。

大澤さんのこれまでのキャリアとは。

自らが考える体験型観光とは。

オンラインでいま、茨城県内各地の地域おこし協力隊の活動に触れることができる

「地域おこし協力隊EXPOIN いばらき 2021」が開かれていて、大澤さんも参加しています。

自らの活動で地域に活力を与えることにもつなげたい。

観光業界でのキャリアを活かした鹿嶋の魅力発信に向けた大澤さんの活動は続きます。