2021年11月15日(月曜日)

水戸東照宮創建400年 祭禮行列

 

 

水戸市の旧水戸城址周辺で11月14日、水戸東照宮の創建400年を記念した祭禮行列が100年ぶりに行われ、大勢の観客でにぎわいました。

午前10時、およそ300人の武者行列が旧水戸城薬医門前を出発し、街を練り歩きました。

そして、市民も参加し祭禮行列が実演され、行列の途中に設けられたステージでは、祭禮行列の内容が説明されました。

水戸東照宮の御祭禮行列は100年に一度、行われてきました。

今回は、水戸市三の丸地区の歴史的景観が完成したことを祝う「古の水戸城址復興記念事業」の一環での開催となりました。

コロナの影響で、当初の予定より5か月遅れての開催となりましたが、市民らが装束などを着て踊りを披露し、沿道に集まった人々を楽しませました。

行列は午後3時まで続きました。