2021年11月10日(水曜日)

来春の選抜高校野球大会 21世紀枠に 下妻一高を推薦 

来年春、甲子園で開かれる選抜高校野球大会で、茨城県高校野球連盟は10日、文武両道など他校の模範となるチームを別枠で出場させる21世紀枠に県立下妻一高を推薦したと発表しました。

下妻一高は新型コロナの影響で部活動が全面的に禁止された8月から9月までの間も指導者と部員がオンラインで連絡を取り合い、自宅で自主トレーニングを続けました。

そして、先月行われた秋の県大会で40年ぶりにベスト4入りする躍進を見せました。

また、校舎から河川敷にあるグラウンドまで自転車で20分かかるなど時間と場所が制約されるなかで練習内容を工夫していることなども評価されました。

今後、各都道府県の推薦校の中から最終的に3校が21世紀枠に選ばれます。

来年春の選抜高校野球大会の出場校を決める選考会議は来年1月下旬に大阪市内で開かれ、出場校32校と21世紀枠の3校が決まります。