2021年11月10日(水曜日)

日立、歴史伝える展示館「日立オリジンパーク」一般開放始まる

 

 

日立製作所は11月5日、創業の地である日立市に日立製作所の歴史などを伝える「日立オリジンパーク」を開設し、6日から一般に公開しています。

過去の製品や原点の作業小屋の復元施設を見学できます。

1910年の創業からの変遷を実際の製品やパネルなどで展示し、日立が初めて海外輸出に乗り出した扇風機などが見られます。

 

作業小屋は創業者の小平浪平が初期に使っていたものを再現しました。

内部には、最初の製品のモーターがあり、実際に動かすことができます。

これまで日立の海岸工場にあったものを新調し、一般客が自由に入れるようにしました。

今後、インターネットで疑似体験できるようにします。

施設は、環境配慮型のカーボンニュートラルサイトとなっています。

施設は従業員の研修施設としても活用します。