2021年11月10日(水曜日)

明秀日立 9対7 山梨学院 関東大会初優勝

秋の高校野球関東大会の決勝で、茨城1位代表の明秀日立は、山梨1位代表の山梨学院を9対7で下して初優勝しました。

試合は両チームあわせてヒット30本が乱れ飛ぶ打撃戦になりました。

明秀日立は、序盤こそ劣勢でしたが、5回裏に2本のソロホームランで追い付き、7回裏にはタイムリースリーベースで2点を勝ち越し、シーソーゲームにケリをつけました。

 

 

明秀日立は、関東大会初優勝で、茨城県勢の優勝は2003年の土浦湖北以来18年ぶり6回目となります。

明秀日立は、11月20日から東京で開かれる明治神宮大会へ関東代表として出場します。

また、2022年春のセンバツ甲子園大会への出場もほぼ確実となりました。