2021年10月26日(火曜日)

鹿島とカネカ、24年ぶりのパートナー契約

 

鹿島アントラーズのオフィシャルパートナーとして、化学メーカー「カネカ」が契約を結びました。

クラブ創設30年を迎えた鹿島アントラーズは、世界中のだれもが、安定して地球で暮らし続けられるように考えら

れた国際的な目標「SDGs」に力を入れていて、技術を持つ「カネカ」に対し、環境・健康・地域共生の領域での協

働を提案し、24年ぶりにパートナー契約を締結したということです。

「カネカ」は、Jリーグが始まった1993年から5年間、前身となる鐘淵化学工業が鹿島アントラーズを企業スポンサ

ーとして支援してきた経緯があります。

カシマスタジアムの飲食売店で、カネカの開発した自然に優しい素材「Green Planet」を使用したストロー、スプ

ーンを導入します。

今後、フォークや皿も「Green Planet」製を採用し、脱炭素への取り組みを始めます。

記者会見では、フォワードの上田綺世選手と、ディフェンダーの町田浩樹選手が新しいユニホームをお披露目しま

した。