2021年10月26日(火曜日)

今年産のコメの作柄 県全体作況「やや良」

今年採れた茨城県産米の9月25日現在の作況指数は、県全体で103の「やや良」となりました。

「やや良」は2年連続です。

関東農政局によりますと、9月25日時点の今年産のコメの作況指数は県全体で103と、2年連続の「やや良」でした。

地域別で見ると、県北部と鹿行が104、県南部と県西部が103で、いずれも「やや良」です。

田植えの時期から1カ月が過ぎた6月から7月に低温の時期がありましたが、気温と降水量は平年を上回っていて、イネの生育は順調に進んだということです。

一方、主食用米の作付面積は県全体で6万1400ヘクタールで、去年に比べて4100ヘクタール少なく、予想収穫量は33万4000トンとなる見込みです。