2021年10月13日(水曜日)

ドラフト、佐藤隼輔が西武2位指名ほか

プロ野球の新人選手選択会議、ドラフト会議が10月11日、都内で行われ、茨城県にゆかりのある、筑波大学の佐藤

隼輔投手が西武ライオンズから2位で、日立製作所の豊田寛外野手も阪神タイガースから6位で指名を受けました。

佐藤投手は宮城県出身で、筑波大学では身長182センチの長身から最速152キロの直球を投げ下ろす左投手です。

記者会見で「ここからが勝負。新人王を狙う」と抱負を述べました。

豊田外野手は、神奈川県出身で、東海大相模時代に夏の甲子園で全国優勝した、パンチ力のある右打者です。

記者会見では、広島の鈴木誠也外野手を目標に、走・攻・守3拍子揃った選手を目指すと話しました。