2021年10月07日(木曜日)

水戸地方検察庁 次席に阿部健一氏が就任

 

9月、水戸地検の次席検事に就任した阿部健一氏が記者会見を開きました。

茨城県での勤務は初めてで、「県民の安心安全の生活のために、警察をはじめ関係機関と連携したい」と意気込み

を語りました。

東京都出身の49歳で、法務省大臣官房の秘書課政策評価企画室長や東京地検の刑事部副部長などを歴任しました。

検事として一番印象に残っている事件に宇都宮地検時代に携わった栃木県日光市で当時7歳の女の子が殺害された事

件を挙げ、茨城・栃木両県警や県民の協力のおかげで容疑者を逮捕できたと振り返りました。 

茨城県には何度か足を運んでいて、好物の魚介類、アンコウ鍋を食べに来たことがあり、茨城県内の観光地も巡り

たいと述べました。

茨城県は事件事故の発生が多いと指摘し、身が引き締まると話していました。