2021年09月28日(火曜日)

新型コロナの緊急事態宣言解除見込みを受け、 県がいば旅あんしん割など再開へ

茨城県に出されている新型コロナウイルスの緊急事態宣言が9月末で解除される見込みになったことを受け、

県は観光・宿泊や飲食の事業者を支援するため県内旅行の代金の一部を割り引く「いば旅あんしん割」と国の

「GoToイート」事業を10月1日から再開すると発表しました。

県観光物産課によりますと、「いば旅あんしん割」は4月30日から休止していました。

10月から12月までの3カ月間で、およそ10万人の利用を想定し、10億2500万円の予算を確保しているということで

す。

また、茨城県内の4000軒の飲食店で食事代金の25%を補助する「GoToイート」事業も10月1日から運用が再開

されます。

新たな食事券の販売については他の県などの感染状況を見て判断するということです。