2021年09月22日(水曜日)

県、766億円あまりの9月補正予算案発表

茨城県は22日、新型コロナウイルス感染の第5波に伴う緊急経済対策などとして、総額766億円余りの補正予算案を

発表しました。

発表された9月補正予算案は、新型コロナ対策として病床確保やワクチン接種の支援など医療提供体制の強化、事業

者への協力金などのほか、アクアワールド大洗水族館で接触を減らすため、スマートフォンチケットのQRコードを

読み取る自動ゲートを導入する費用などに98%の751億円。

燃料電池製造会社「エンビジョン」の進出が決まった茨城町の工業団地周辺道路のほか、橋梁、公営住宅などの整

備に14億円。財源は95%を国庫支出金で賄います。

9月補正予算案は、9月30日に開会する県議会で審議されます。