2021年09月21日(火曜日)

境町家族4人殺傷事件 殺人などの罪で起訴 水戸地検

おととし9月、茨城県境町の住宅で家族4人が殺傷された事件で、水戸地検は9月17日、埼玉県三郷市の無職、

岡庭由征容疑者・26歳を殺人などの罪で起訴しました。

水戸地検は、岡庭容疑者の認否は明らかにしていません。

起訴状などによりますと、岡庭被告はおととし9月、境町の住宅で会社員の小林光則さん・当時48歳と、妻でパー

ト従業員の美和さん・当時50歳を刃物で刺して殺害したうえ、長男と次女にもけがを負わせたとして、殺人や殺人

未遂などの罪に問われています。

岡庭被告はことし5月に逮捕されていて、捜査関係者によりますと、岡庭容疑者のスマートフォンから事件前に撮影

されたとみられる小林さん宅付近の画像が見つかっています。

水戸地検は岡庭被告の刑事責任能力について調べるため、9月6日まで3か月間、専門家による精神鑑定を行ってい

ましたが、責任能力が問えると判断し、17日、起訴しました。

水戸地方検察庁の石井壯治次席検事は「収集した証拠を総合的に見て、起訴した内容に合致する。証拠などは公判

で明らかにしたい」と述べました。