2021年09月14日(火曜日)

職域接種会場を「12歳以上」に開放

 

 

9月13日、水戸市泉町の「中央ビル」で、茨城県遊技業協同組合が、まだ接種を終えていない若者などに向けた

ワクチン接種を行いました。

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、若い世代にも接種を促す取り組みです。

「中央ビル」4階の会議室はワクチン接種の会場になっていて、13日から連日、組合の会員を対象にした「職域接

種」が続けられていますが、職域接種だけでなく近くの店や企業、広く若者など、一般向けへの接種も同時にスタ

ートさせ、12歳以上の「全ての人」が受けられるようにしました。

茨城県では、20代以下の感染者数が日によって、全体の半数近くを占めるなど若者への感染が拡大しています。

接種対象の拡大で、若い世代にも接種を進める狙いです。

職域接種と合わせて一般への接種を拡大して進める「中央ビル」会場では、若い人の姿もありました。

 40代や50代の姿もありました。

 

 

13日は予約全体の半数近くを20代以下などが占めているという「中央ビル」会場の接種は今月19日まで続けられ、

希望する人は、水戸商工会議所やひたちなか商工会議所のホームページから予約サイトhttps://stores-

reserve.com/ibaraki-kenyukyo/716208に入って予約をしてほしいということです。