2021年09月14日(火曜日)

防災出前講演 那珂市商工会で菊地アナ

 

茨城放送では県内各地で「防災士の出前講演」を行っていますが、那珂市の商工会で、茨城放送の防災士、

菊地真衣アナウンサーが講師となって、出前講演が行われました。

菊地アナウンサーは6年前の関東東北豪雨で鬼怒川が決壊し、祖母の実家がある常総市が甚大な被害を受けた際、

避難所に届いた支援物資がスペースを圧迫し、災害活動の妨げになった面もあることを指摘しました。

「今、本当に必要なものは何か、それぞれの目線で自ら考え行動するために防災士となった」というエピソードを

紹介しました。

防災の第一歩は災害について知識を持つことだと強調しました。

茨城放送ではこれからも、防災意識の向上に向けて、防災に関する取り組みを展開していきます。