2021年09月03日(金曜日)

収容者にヘッドロック 東日本入管センターの警備員

牛久市の東日本入管センターは8月29日、警備業務をしている民間会社の警備員が、収容中の男性にヘッドロック

をかけて、首に全治2週間のけがを負わせたと発表しました。

センターによりますと、27日午後、警備員が運動の時間に貸し出したサッカーボールの所在を男性に確認した際、

男性が冗談交じりに「外に出してしまった」と言ったため、ヘッドロックをしたということです。警備員は冗談の

つもりだったとの趣旨の話をしているということです。