2021年08月19日(木曜日)

クライミングで銅・野口啓代さん 龍ヶ崎に凱旋

 

 

東京オリンピックのフリークライミング女子複合で銅メダリストになった野口啓代さんが出身地の龍ヶ崎市に凱

旋しました。

 小学5年でクライミングを始めた野口さん、17日午後、龍ヶ崎市役所を表敬訪問し、中山一生市長ら職員およそ

60人から歓迎を受けました。

 

そして、くす玉を割り、祝福されました。

 東京オリンピックの1年延期で、苦手だった「スピード」のタイムを縮められ、調整ができたということです。

 野口さんは、今月6日のフリークライミング女子複合の決勝で、高さ15メートルの壁を時間内にどこまで高く登れ

たかを競う最終の「リード」で粘りを見せ、銅メダルを獲得しました。

 すでに引退を表明している野口さんは指導者としての道を歩み始めました。