2021年08月18日(水曜日)

甲子園、鹿島学園は初戦、盛岡大付属に敗退

 甲子園球場で行われている全国高校野球選手権大会で、茨城代表の鹿島学園高校は、16日、岩手代表の盛岡大付

属高校と対戦し、0対7で敗れて、甲子園での初勝利はなりませんでした。

試合は、前半の3回までは、両チーム無得点でしたが、4回裏に盛岡大付属が3ランホームランで3点を先制しまし

た。

その後、6回裏にも鹿島学園の守備の乱れやタイムリーヒットなどで盛岡大付属が4点を追加しました。

鹿島学園は初回表の満塁のチャンスなど得点圏にランナーを進める場面が4回ありましたが、得点出来ず、盛岡大付

属のエース・渡邊に5安打完封を許しました。

甲子園球場の1塁側スタンドでは、ベンチに入れなかった野球部員や保護者など300人あまりが、新型コロナの感染

対策を取って応援しました。

また、鹿嶋市内の学校の食堂ではレスリング部やバレーボール部など他の運動部員およそ150人が声援を送りまし

た。