2021年07月13日(火曜日)

ニュースなニューズ 「なぜ打つの?コロナワクチン」

新型コロナウイルスのワクチンを打とうか迷っているという人に、医師の講演会のお話から、情報をお伝えします。

今、日本で接種できるワクチンはファイザー社、モデルナ社が開発した2種類で、効果は似ています。

2021年7月7日、日立市内で、県の入院調整本部を指揮する安田貢医療統括監が講演し、接種が進む新型コロナウイルスのワクチンについて説明しました。

 

 

安田さんは感染症制御医で、県内の感染症対策の第1人者です。

講演会は、県消防協会の研修会のなかで行われ、ワクチンを正しく理解してもらおうと企画したということです。