2021年07月08日(木曜日)

利根町長選 4人の争い制し 現職再選

 

 4人の争いとなった利根町の町長選挙は4日、投開票が行われ、現職で自民党県連と公明党県本部が推薦する

佐々木喜章氏が元町長と、新人2人を抑えて2回目の当選を決めました。

 

 

利根町長選挙の開票結果です。

佐々木喜章、無所属・現。当選。3932票。

遠山務、無所属・元。1854票。

峯山典明、無所属・新。1240票。

本谷孝、無所属・新。839票。

佐々木氏が元町長と、2人の新人をやぶって再選を決めました。

佐々木氏は町議会議員を3期務め、4年前の前回の選挙で初当選しました。

投票率は57.43%でした。